恋愛によって違う占い方

片思いや両想いや結婚や出会いや不倫など様々な恋愛運があります。そしてそれ等の運勢を占う様々な占いがあります。占いにも様々な方法があり、片思いなら主に相性を占うために主に相手の名前と自分の名前を聞くものが多くみられます。両想いのものであれば手相を見て占う方法が多くあります。

出会いならば星座や血液型で占う方法が中心です。結婚や不倫は直接占い師のところへ行って時期を見てくださいと依頼するというケースが多くみられます。このように一口に恋愛といっても様々な種類のものがあり、占う方法も種類に合わせて様々な方法があります。では、なぜこのように分かれるのでしょうか。

片思いや結婚や不倫などでは直接占ってもらう機会が多いのは不安になってしまうことが多いからです。たとえば片思いならば、相手がどう自分の事を思っているのか、相手に好きな人がいるのかどうかといったことが気になります。結婚では、相手も同じことを思っているのか、本当に相手はこの人でいいのか、この人と結婚して幸せになれるのかといった不安がよぎります。結婚は簡単に決断できない分誰かほかの人のアドバイスが欲しくなります。

不倫では、相手が分かれて自分と一緒になってくれるかどうか、このまま付き合い続けていいのか、こういったことを本当に悩みます。しかしこのような恋愛は周りの人に気軽に話せることではありません。だからこそ占い師に相談をしてアドバイスをもらうのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *