恋愛に効くタロット占い

タロット占いは15世紀に作られた物が世界中の博物館で見ることができます。ヴィスコンティ・スフォルツァ版と呼ばれていました。現代のタロットカードとは違い、ゲームのために使われたカードでした。タロットカードの起源については諸説あり、いつ、誰がどのような目的で作ったのか謎のままなのです。

ですが、現在のように占うツールとして認識されるようになったのは18世紀の終わりにフランス人の占い師が編集した本により楽しまれるようになりました。19世紀後半にはオカルト的な要素が濃くなり、タロット占いはより神秘性を帯びるようになってきたのです。本格的にタロットが世間一般で楽しまれるようになったのは20世紀後半になって「ニューエイジ」と呼ばれるムーブメントで火がつき、カウンセリング的な要素を持つようになりました。相手の気持ちを知りたい、自分の事をどう思っているのか知りたい、恋愛中の方なら誰しもが考える事でしょう。

タロットで占うヘキサグラムスプレッドは恋愛を占うポピュラーな方法です。二人の恋愛に対する温度差や未来に向けたアドバイスも知ることが出来ます。気持ちを落ち着かせてシャッフルし、カードを使って六芒星を描きます。三角形の頂点から右回りに3枚カードを置きます。

次に下向きの三角の頂点から左回りに3枚のカードを置きます。最後に真ん中に一枚カードを置きます。置いた順番に、1過去2現在3近い未来4傷害の対策5相手の気持ち6自分の気持ち7最終結果と表れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *